酒・飲料 > ジュース > 鳥浜酒造:梅だけの天然クエン酸果汁飲料「若狭紅映 わかさの梅」

鳥浜酒造:梅だけの天然クエン酸果汁飲料「若狭紅映 わかさの梅」

鳥浜酒造:梅だけの天然クエン酸果汁飲料「若狭紅映 わかさの梅」 鳥浜酒造:梅だけの天然クエン酸果汁飲料「若狭紅映 わかさの梅」
鳥浜酒造:梅だけの天然クエン酸果汁飲料「若狭紅映 わかさの梅」 鳥浜酒造:梅だけの天然クエン酸果汁飲料「若狭紅映 わかさの梅」
商品コード : 19516F001
製造元 : 鳥浜酒造株式会社
価格 : 1,800円 (税込1,944円)
数量
 


梅だけの天然クエン酸果汁飲料

若狭紅映 わかさの梅

鳥浜酒造


若狭の梅若さの梅


若狭の梅は若さの梅

一、若狭の人々に守り育てられた「紅映梅」
原料は栽培の手間がかかりますが種が小さく果肉が厚い香り豊かな若狭の梅「紅映梅(べにさしうめ)」で、ほぼ100%が福井県内で栽培されています。
二、何も足さず何も引かずまるごと
完熟した「紅映梅」の果肉と果皮を丸ごと使い、1滴の水も加えず、独自の酵素分解技術で作り上げた梅だけの天然クエン酸果汁(無塩)です。
三、食べる梅から飲む梅へ
「紅映梅」の大粒梅干し53個分の天然クエン酸をはじめ有用成分を含み、水やお酒で割って飲むだけでこれらの成分を手軽に摂取できます。


【お召し上がりかた】
1日の目安 25cc〜50cc(大粒梅干し4個分)を数回に分けて、水やお好みの飲料で割って召しあがって頂くことが望まれます。浮遊物や沈殿がみられることがありますが、品質には変わりありませんので、軽く振ってお召し上がり下さい。


鳥浜酒造

この施設群は県内では数少なくなった近代の清酒醸造工場の建築群である。後の増築・改造はあるものの工場から住宅までを含んだ建築当初の状況を比較的良くとどめている。また移築建物と新築建物との寸法・構法などの建築的差異も歴然としており建築の地域性を考える上でも興味深い。さらに既存集落の外周部において、伝統的形態と近代の新しい形態の両者を合わせ持った姿は景観にも大きく寄与している。 登録有形文化財
鳥浜酒造外観
平成24年1月29日に記念式典が行われました。高嶋猛先生は足掛け3年の調査において、国の登録有形文化財の指定を受けることに至った最大の理由は「建築物の形態云々よりもいかに若狭町の地元住民の心に根付いた蔵元で有ったか」と言うことでした。

(登録文化財候補調査書の結び)
調査担当者 高嶋 猛(福井大学大学院工学研究科建築建設工学専攻 講師)(協力:福井大学学生)


■商品名…鳥浜酒造 若狭紅映 わかさの梅
■内容量…700ml



特産品の開発に注力 鳥浜酒造---------福井県三方上中郡
大正9年、当時はその生計を漁業と農業に頼りきっていた時代に、米の需要開発、地元のお酒の創造を目的として、初代小堀彦五郎を中心に50名以上の株主たちの協力の元、鳥浜酒造は生まれました。3代目の時代は簡易上水道の敷設による生活環境の向上と地域住民の暮らしの中に根付いた取組を行ってまいりました。現在、若狭町の特産品の福井梅の新たな需要を願い、梅の液化による新たな特産品の開発にも力を注いでおります。

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません